養育費算定表 再婚時の対応について | 養育費 男の離婚相談室 コラム1

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口運営者の養育費コラム1

男の離婚相談室 男性の養育費コラム1

養育費、とりわけ、男性の養育費、
男性の離婚問題の代表格である、
夫側の養育費について、コラム風にして、
まとめていきたいと思います。
お付き合い願えれば、幸いです。

では早速、書いていくことにします。

養育費は、
子を監護していない側に支払い義務が生じます。
父と母の収入割合によって、決められることが大半です。
「養育費算定表」というものがあります。
その表に、税込の総年収を当てはめていきます。
この作業は、基本の「き」の部分の作業です。
だいたいの負担すべき養育費月額が、はじき出せます。

しかしながら、
「養育費算定表」を絶対視する必要はありません。
その点は、くれぐれも留意してください。

父親も、母親も、それぞれに事情を抱えています。
その事情次第では、額についての変動があります。

支払えなくなったら、その事情を、
直ちに相手側に伝えて、誠意を示してから、
養育費月額の減額を求めてみてください。

支払えなくなったから、
相手側から何か言ってくるまで、
放置される方が多いのは、まぎれもない事実です。

『養育費』の存在を甘くみないでください。

無い袖を振らされる。
危険です。



相手方女性の再婚。
自分自身の再婚。
どちらも養育費の減額理由にはなります。
しかしながら、
養育費の減額という結果を実際に手にできるかは、
生活環境や事情によって、異なることがあります。
減額が認められないことが、あり得るのです。

再婚したときには、必ず知らせる。

離婚協議書の条項の中に、
決して、忘れることなく、
このような趣旨の文言を記載しておいてください。
記載されてあるにもかかわらず、
知らせなかった場合は、債務不履行責任を追及できます。
養育費に関して、その後の展開が違ってくるわけです。

再婚は、
支払義務者の側の負担を軽減させられる事由の一つです。
知っておいてください。


あなたに合った対応策は、
『養育費等 男の離婚相談室』において、
提言させていただいております。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)