養育費等 男の離婚相談室における離婚相談事例9 兵庫→大阪

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口における養育費等の離婚問題の相談事例9

男の離婚相談室 男性の離婚相談事例9

引き続きまして、
『養育費等 男の離婚相談室』において、
どのようなやり取りをしていくのかを、
実際の離婚相談事例を基にして、
ご紹介していきたいと思います。
ご参考いただければ、幸いです。

では、ご紹介いたします。

兵庫県にお住まいの尾上慎一さん(仮名)から、
相談予約・お問い合わせフォームから、
離婚相談のご依頼があり、
夜間の電話相談での対応となりました。

尾上さんのご相談内容は、
自分が親権者になりたい。
10歳と5歳の娘さんを妻に渡したくない。
何とかならないか、といった相談でした。

尾上さんは、すでに、
親権者に係る調停を申し立てておられていて、
その3回目の調停時に、
「親権者は父親とする。」と書かれた調停案が、
提示されたとのことでした。
相手方の妻側は、この調停案を受け入れることなく、
調停は不成立になりました。

このような経緯を聞き終えたところで、
間髪を入れることなく、提言させていただきました。

「裁判に持ち込んでください。」

この調停案を確定させるためには、
すぐに、裁判に打って出るほうが得策だと判断したのです。

知り合いに弁護士がいるということでしたので、
すぐに、裁判で決着をつけるように、
アドバイスさせていただきました。

「親権者は父親とする。」

この調停案を活かすためには、
裁判所での判決をもらうにかぎる。

半ば、あきらめかけていた尾上さんは、
妥協することなく、親権者になるという、
尾上さんご自身の望まれる結果を取りに行かれました。

そして、数か月の時を経て、
その結果を手中に収めることになりました。
ご丁寧にも、報告してくださいました。

「松本先生が勇気を与えてくれた。
 あきらめかけていた私に勇気を与えてくれた。
 相談して本当によかった。ありがとうございました。」

恐縮して、その言葉にお礼を申し上げた後、
依頼された弁護士の方のお力があったのですから、
その点は、くれぐれも、ご認識くださいと伝えました。
実際に、裁判所で陳述調書などの書面を書かれたのは、
弁護士の方に他なりません。

親権を争う場合は、
裁判を視野に入れておかれたほうがいいと考えています。

絶対に親権を取る。

そのように感じた相談依頼者の方には、
最初から弁護士に依頼されたほうがいいと、
助言させていただく場合があります。

調停の際の手応えで、
大体のことは把握できますが、
親権について争いがある場合には、
個別具体のケースにもよりますが、
初めから弁護士に依頼されてもいい。
そのように考えております。

親権という事柄にかかわらず、
養育費や財産分与などの離婚問題に対して、
どのように対応していけばいいのか。

あなたに合った対応策を、
『養育費等 男の離婚相談室』は、
提言させていただいております。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)