養育費等 男の離婚相談室における離婚相談事例6 山口→大阪

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口における養育費等の離婚問題の相談事例6

男の離婚相談室 男性の離婚相談事例6

『養育費等 男の離婚相談室』において、
どのようなやり取りをしていくのかを、
実際の離婚相談事例を基にして、
ご紹介したいと思います。
ご参考いただければ、幸いです。

では、ご紹介いたします。

山口県にお住まいの木村和義さん(仮名)からは、
直接、お電話にて、ご相談の依頼がありました。
(現在は電子メールにて予約していただいています。)

内容は、
5歳の息子さんと3歳の娘さんを置き去りにして、
木村さんが勤務中に、置き手紙を残して、
妻が家を出て行ったとのことでした。
警察に捜索願いを依頼し、友人や知人に声をかけて、
探し回っても、なかなか、行方がわかりませんでした。

妻が家を出た1ヶ月後に、妻の代理人の弁護士より、
木村さんの手元に、「ご連絡」と書かれた、
手紙が届けられました。
大阪の弁護士からの手紙だったようで、
その弁護士に妻の居場所を尋ねても、
教えてはいただけなかったらしく、
大阪に居ることだけは判明しました。

法的な解釈の仕方と交渉方法について、
それを木村さんに伝えました。

相手側の言い分に、
離婚理由に相当する部分が見当たらない。
まだ手のかかる子たちを放置して、
妻が家を出た事実は重い。
妻の自分勝手な考えで、
同居の義務や子の扶養義務をないがしろにした、
妻の行動は許しがたい、理不尽な行為である。
子たちのことをどのように考えているのか。
それらの明確な根拠を求めていきました。

木村さんと妻の代理人の弁護士との間で、
文書のやり取りが続きました。
時の経過とともに、妻に対する愛情も薄れ、
憎しみも薄れてきた時点で、
離婚することを決意され、条件面での話し合いになりました。

比較的、木村さんは有利な立場でしたので、
ほとんど、木村さんの言い分が通る結果になりました。
今思えば、この事案で、
有責配偶者の側が、いかに弱い立場に置かれるのか。
それを実感させられた思いがいたします。



行為者の有責性の重さが立場を弱くするのです。
悪意の遺棄や不貞行為などは、その典型的な事例です。
安易に許してしまって、
後悔することがないようにご留意ください。

男性側が暴力をふるったり、不貞行為をした場合、
その男性が有責配偶者の立場になります。
上の例の木村さんの妻の立場が、
暴力行為や不貞行為をした男性側の立場になるのです。

挽回することがむずかしい事案もありますが、
不利だと思われる状況の下で、
私どもは、小さなポイントを、
コツコツと積み上げていくことにより、
点差を縮めていく方法を採用することが多いです。

これ以上の失点を防ぎ、
1点1点、確実に得点していくという考え方です。

ご相談依頼をしていただければ、
あなたに合った解決策を、
『養育費等 男の離婚相談室』は、ご用意いたします。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)