養育費等 男の離婚相談室における離婚相談事例5 福岡→大阪

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口における養育費等の離婚問題の相談事例5

男の離婚相談室 男性の離婚相談事例5

引き続いて、
『養育費等 男の離婚相談室』において、
どのようなやり取りをしていくのかを、
実際の離婚相談事例を基にして、
ご紹介したいと思います。
ご参考いただければ、幸いです。

では、ご紹介いたします。

福岡県にお住まいの中村俊彦さん(仮名)は、
『養育費等 男の離婚相談室』のウェブサイトにご用意している、
相談予約・お問い合わせフォームで相談依頼され、
その後、電話相談にて、やり取りさせていただきました。

内容は、
妻の不貞行為の現場を押さえた際に、
妻の浮気相手の男性を殴ってしまい、
1000万円の慰謝料を要求されているとのことでした。

細かな経緯や状況をお聞きする前に、
そのような慰謝料の金額は妥当な額でないこと。
離婚されることを決めておられるのであれば、
妻や相手側の男性に対して、中村さんの側から、
認められる可能性のある慰謝料請求ができること。
中村さんが有利な立場にある理由などを、
お話させていただいてから、今後の対応策について、
お電話でやり取りしていきました。

中村さんの離婚の意思は固く、
妻に話し合いのテーブルにつかせようとしても、
話し合う意思が感じられないということでしたので、
殴った経緯もあるため、ここは時間を置かずに、
離婚調停の申立てを行うことを提案しました。

中村さんは、
書籍やインターネットのサイトを利用されて、
情報収集されておられました。
しかし、本当に、書籍などに書かれてあることを、
信じていいものなのかと、疑心暗鬼になっていたとのことでした。
中村さんの疑問点について、
徹底的に、お電話でやり取りしました。

中村さんの方針が定まりました。

離婚調停を申し立て、
離婚原因を作り出した側、
不貞行為を行った妻から慰謝料として200万円を、
財産分与のなかで、
妻名義の預貯金財産からの分与額の一部として、
支払われることになりました。
中村さんからの金銭的な出金はなかった。
そのような報告をいただきました。

中村さんは、離婚の意思を固め切っておられたので、
強い心構えで、調停の場に臨めたと、
言っておられたのが印象に残っております。

中村さんのケースでは、
お子さんがいらっしゃらなかったため、
親権や養育費の問題はありませんでした。

なお、養育費につきましては、
男の離婚相談室 男性の養育費コラム1 からのシリーズを、
お読みいただけたらと思います。

どのように、対応していけばいいのか。

あなたに合った対応策を、
『養育費等 男の離婚相談室』では、
提言させていただいております。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)