養育費等 男の離婚相談室における離婚相談事例1 神奈川→大阪

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口における養育費等の離婚問題の相談事例1

男の離婚相談室 男性の離婚相談事例1

『養育費等 男の離婚相談室』において、
どのようなやり取りをしていくのかを、
実際の離婚相談事例を基にして、
ご紹介したいと思います。
ご参考いただければ、幸いです。

では早速、ご紹介していくことにいたします。

神奈川県にお住まいの野口康信さん(仮名)から、
相談・お問い合わせフォームを利用されての相談依頼でした。

内容は、前妻とは絶縁することを条件に、親権を与え、
今後一切、前妻とお子さんと接触しない。
その代わりに、金銭面の授受も、
一切行わないという口約束で、
合意に達していたにもかかわらず、
離婚後、5年半が経過したある日、突然、
前妻から養育費請求申立てを行った趣旨の通知書が、
家庭裁判所から送付されて来て、
その対応に苦慮しているとのことで、
どのように対応していけばいいのか。
そのようなご質問でした。

野口さんは、すでに再婚されており、
妻が不妊治療中ということもあり、
激怒されているという事情がありました。

絶縁したはずの前妻から、
子にかかわる金銭を要求されたことで、
野口さんの妻はノイローゼ気味になり、
遂には心療内科にかからなければ、
日常生活が営めないほどまで、
精神的苦痛を感じておられたのでした。

「一銭たりとも払いたくない。」

残念ながら、法律は、
そのことを許してはくれません。
事情を勘案してくれた調停委員から、
養育費月額1万5千円の提示を、
受け入れざるを得ませんでした。

とにかく、細かな事情を調停委員に説明していくこと。

前妻からの養育費請求の調停申立て。
その直後から生じた妻の状況の変化。
それを、間近で仕事をしながら、
見守らなければならない野口さんの立場や、
相手方のあまりに身勝手な要求のスタンスを、
調停での説明材料としました。

妻の心のケアが必要な事案でした。
前妻である相手方よりも、
野口さんの現在の妻に納得してもらう方策を、
説明する時間のほうが長かったかもしれない。
そのような事案でした。

私どもは、小さなポイントを、
コツコツと積み上げていくことにより、
点差を縮めていく方法を採用することが多いです。

これ以上の失点を防ぎ、
1点1点、確実に得点していくという考え方です。

参考にしていただけたらと思います。

ご相談依頼をしていただければ、あなたに合った解決策を、
『養育費等 男の離婚相談室』は、ご用意いたします。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)